運送業許可申請 陸運局サポートセンター

合同会社設立

  • 合同会社 【合同会社の設立】

    運送業では必ずドライバーなどを雇い入れ、社会保険をかける必要があります。
    また、車両の維持費や燃料費など月々の必要経費も多く必要です。

    そこでほとんどの方は法人として運送業を営まれています。
    合同会社は設立時にかかる費用が株式会社よりも安いため、低コストで法人化をはかれます。

合同会社の設立に必要な費用

合同会社設立費用の比較(概算)
支払い科目 自分で会社設立 合同会社設立 完全代行
代行料金 0円 40,000円
印紙代 40,000円 0円
登録免許税 60,000円 60,000円
合計 100,000円 100,000円

※ 上記金額は当方にお支払い頂く金額ではなく、会社を設立するのにかかる総費用の概算です。
  ただし実際にはこの他に、会社印や印鑑証明取得費用がかかります。

合同会社設立 完全代行サービス ¥40,000

合同会社設立を最後まで代行します。

  • 定款原案と電子定款の作成で4万円の印紙が不要。
  • 必要書類をすべて作成。
  • 法務局での登記も代行(外注対応)
合同会社設立 完全代行サービス
代行手数料 40,000円 登記申請を含む合同会社設立に必要な行程をすべて代行
登録免許税 60,000円 ※お預かりして法務局へ納入します。
合計 100,000円 司法書士への登記外注費用も含まれています。

運送業問い合わせ