NPO法人設立の流れ

NPO法人を設立するには3つのステップを経ることになります。

まず最初に所轄庁(内閣府)でNPO法人設立の認証を貰います。 次に法務局へNPO法人の設立登記をします。 最後に都道府県にNPO法人設立登記ががなされたことの届出を行います。

この3つの段階を経て初めてNPO法人として活動ができる様になります。

NPO法人設立までの流れ

1.NPO法人設立発起人会を開催する

NPO法人を設立する人(発起人)が集まり話し合いをして、必要な事項を取り決めて行きます。正式に議会進行する必要はありません。


2.NPO法人設立総会を開催する

NPO法人を設立する人(発起人)で決めたことを、NPO法人設立時に正会員(社員)となる人に承認して貰います。


3.各種必要書類を作成する

NPO法人の設立認証申請書の他に定款、NPO法人設立趣旨書、事業計画書、活動予算書、宣誓書、就任承諾書など数多くの書類が必要となります。


4.NPO法人設立認証の申請

所轄の窓口に上記で作成したNPO法人設立認証申請書類一式を提出します。形式上に不備がなければ受理されますが、概ね2~3回は不備のため再提出となる事が多いです。


5.縦覧・審査期間(約4ヶ月)

受理後、一部の書類は2ヶ月間、一般に縦覧されます。その後審査が行われます。一般の縦覧が終了後、2ヶ月以内に認証又は不認証の決定がなされます。


6.NPO法人設立登記申請

所轄庁による認証がおりると認証書が交付されます。その後2週間以内に事務所の所在地を管轄する法務局にNPO法人の設立登記をします。


7.NPO法人設立登記完了の届出

NPO法人の登記完了後は、遅滞なく所轄庁へNPO法人設立登記完了届を提出する必要があります。


8.NPO法人としてスタート

NPO法人が無事設立されるとNPO法人としての権利義務が発生します。


以上がNPO法人が設立されるまでの流れとなります。

このページの先頭へ