Q.税理士は必要ですか?

ご無沙汰しております。先日は古物の許可申請ありがとうございました。

順調に売り上げが上がってきて税務関係が心配になってきたのですが、税理士の先生に見てもらった方が良いですか?

その方がよいならどこか良い先生をご紹介頂けないでしょうか。

A.税理士は必須といえます。当社でご紹介もできます。

商売をするにあたって、税理士に税務を任せるのは今や必須と言っていいでしょう。

多くの人が売り上げが上がらないうちから税理士なんてと思いがちですが、実際では税理士への顧問料はほとんど月々の負担にはなりません。

まず税理士への顧問料はそれ自体経費に算入できるので、節税の効果があります。また当然のことながら税理士の仕事は節税をすることですのでご自身で申告されるよりも税金は安くなります。

面倒な帳簿などの作業をすべてまかせてられる上、節税分を考えると月々の負担は数千円や逆にプラスになったという話も決して少なくありません。

また、古物商という商売はほとんどが現金取引で不特定多数の個人から仕入れをするため、税務署にとっては非常にお金の流れが不明確で税務調査の対象となりやすいと言った実情もあります。

その税務調査も決算書に税理士の職印が押してあれば、専門家の目が入っているという信頼により調査対象外になりやすいといった話もあります。

決して無理をしてまで税理士と顧問契約を結ぶ必要はありません。

しかし年単位での収支や繁雑な会計作業を押しつけられるメリットをお考え頂ければと思います。

税理士のご紹介をご希望の場合は当社にお申し付け下さい。

当社と契約する税理士紹介所より日本全国5000人超の厳選された税理士の先生より、顧問料から人柄までご希望に合わせた税理士をご紹介いたします。

このページの先頭へ