古物商の許可申請に必要な書類の作成代行

当社ではお客様もお気づきでない、本当に必要な古物商の許可申請内容をお客様にご提案し、警察との話し合いを元に必要最小限の要件で書類を作成いたします。

お客様は警察へ書類を提出するだけです。

お客様は市役所で住民票を取った経験がおありですか?

警察へ書類を提出というとなんだか警察署は怖いところのイメージがあるし、大変な作業のように聞こえますがそんなことはありません。

書類を提出するだけですので、申請書類を市役所で書かなくてはいけない住民票よりも簡単かもしれません。

また、担当官とは事前に話し合いが済まされておりますので、個人で申請を出しに行ったときにある、ある種の尋問のような対話はなく専門家の行政書士が間に入っているという信頼を基に書類内容の確認程度の対応となります。

書類作成サービスの詳細のご案内

■ 提供するサービスの内容

  • 事前コンサルティング (時間、回数の制限はございません。)
  • 住民票の取得代行
  • 市区町村発行の身分証明書の取得代行
  • 法務局本局発行の登記されていないことの証明書の取得
  • 警察署担当官との事前交渉、打ち合わせ作業
  • 古物商の申請に必要な書類の作成
  • 古物商許可後のサポート業務

■ 代行手数料

25000円

■ その他諸経費

身分証明関係書類の取得実経費

1人あたり4000円


□ <お支払い金額例>

☆個人で古物商の許可を取得する場合

書類作成費用 25000円

証明書類取得1名 4000円

お支払い合計 29000円

☆役員3名の法人で許可取得の場合

書類作成費用 25000円

証明書類取得3名 12000円

お支払い合計 37000円


■ ご用意いただくもの

  • 営業所登録する部屋や建物の賃貸借契約書(賃貸の場合)
  • 営業所登録する部屋や建物の登記簿謄本(自己所有の場合)
  • 営業所登録する部屋や建物の間取り図(手書きのラフで結構です)

※上記は古物商の許可申請時に必要となるものですので、お申し込み前にご用意いただく必要はありません。

■ かかる日数について

身分証明関係の書類を役所に請求し、発行されるまでに10日~2週間程度かかりますのでご了承下さい。

警察署に書類を提出し、許可が下りるまでは約40日となっております。

これらの日数は役所の処理期間となっておりますので、ご自身で手続された場合でも同じだけの日数がかかります。

当方での書類作成の日数は1~2日となっております。


以上が古物商許可申請の書類作成サービスのご案内となります。最後までお読み下さいましてありがとうございました。

当社ではまごころ込めたサービスを通じ、お客様の古物商としての第一歩をお手伝いしたいと考えております。

もしお客様が申込に不安を感じられましたら、是非こちらをお読みください。(安心してご依頼頂ける理由

当方の説明が不十分でご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

数ある古物商の許可申請代行のウェブサイトの中から当サイトをお選び頂き、長文にもかかわらず読んで頂きまして誠にありがとうございます。

それではお客様からのお申し込みをお待ちしております。 本日はありがとうございました。

このページの先頭へ