Q.古物商の許可取得に結局いくら必要になりますか?

古物商の許可申請はお任せした方が良さそうなので、依頼したいと思います。

そこで、許可の申請から取得までの間に必要となるお金の総額はどのようになるか教えて下さい。

A.総額では4万8千円~5万8千円ほどの出費となります。

上記の金額はあくまでお客様の出費の総額であって、当方へのお支払金額の総額ではありません。

それでは内訳を順を追って説明いたします。

まず、古物商の許可を取得する場合には「住民票」「市区町村発行の身分証明書」「登記されていないことの証明書」の3点が必要となります。

これらを市区町村役所、戸籍地の役所、法務局本局へ請求する費用といたしまして、1名あたり4000円(実費、送料込み)を頂いております。

通常は申請者の1名分でよいのですが、申請者以外に別人の管理者を置く場合や法人取得で役員が複数人いる場合には、それらの方々の証明書類が必要になりますので、4000円×人数分を頂いております。

次に警察との話し合いを行い、必要な書類や要件を確定して提出書類一式を作成いたします。 この代行費用といたしまして25000円(実費、送料込み)を頂いております。少し高く感じられるかもしれませんが、このお値段には許可取得後の永久相談料も含まれておりますので大変お得になっております。

残りの費用といたしまして、お客様が直接警察へ書類を持って行ったときに警察署に支払うお金が19000円必要となります。これは現金で支払うのではなく、警察署内などの窓口で「証紙」というものを購入してそれを書類に貼付けて納入します。「収入印紙」とは別物になりますのでお間違いの無いようにお願いします。

ここまでの合計が4万8000円となって基本的にお客様が支払うお金の総額となります。ただし前述したように管理者を別人立てにしたり、法人の役員が複数名いる場合にはその分費用は上乗せになります。

また特別オプションといたしまして、提出警察署が兵庫大阪の阪神間周辺の場合に限り+10000円で提出の部分まで代行いたします。

このオプションをご依頼の場合は上記の総額48000円にオプション料金10000円を加えた58000円のお支払いで古物商の許可申請をすべて代行いたします。

最後に箇条書きにて総費用をまとめて記載しておきます。


◆ お一人で古物商申請をご依頼の場合

  • 証明書類 4000円(当社へお支払い)
  • 書類作成 25000円(当社へお支払い)
  • 証紙代 19000円(警察署へお支払い)

 出費総合計 4万8000円

◆ お一人で古物商申請+提出オプションの場合

  • 証明書類 4000円(当社へお支払い)
  • 書類作成 25000円(当社へお支払い)
  • 提出代行 10000円(当社へお支払い)
  • 証紙代 19000円(当社が預かり代理で警察に支払います)

 出費総合計 5万8000円


◆ 役員が3名の会社で古物商申請をご依頼の場合

  • 証明書類 4000円×3名=12000円(当社へお支払い)
  • 書類作成 25000円(当社へお支払い)
  • 証紙代 19000円(警察署へお支払い)

 出費総合計 5万6000円

◆ 役員が3名の会社で古物商申請+提出オプションの場合

  • 証明書類 4000円×3名=12000円(当社へお支払い)
  • 書類作成 25000円(当社へお支払い)
  • 提出代行 10000円(当社へお支払い)
  • 証紙代 19000円(当社が預かり代理で警察に支払います)

 出費総合計 6万6000円

このページの先頭へ