Q.古物商に種類があるのですか?

古物商の許可を取ろうと調べていたのですが、古物商にはいろいろな種類があるのですか?

たとえば車と電化製品を扱おうと思ったら、車の古物商と電化製品の古物商の許可がいるんですか?

A.13種類に分かれており、選択制となっています。

古物商の許可では古物を13種類に分類し、申請時にどの種類を扱うのか選択します。

選び方はメインで扱うものを一つ、そのほかに使うものを複数個選びます。もちろん13種類すべての品目を選んでも問題ありません。

登録しなかった品目は取り扱えないのですが、一つ注意が必要となります。

古物商には品触れという制度が存在します。

これは警察本部長などが盗品などの発見に必要と認めたときに古物商に対して探している盗品が無いかどうかを確認させ届出を求めるものです。

品触れはその探している品物が該当する品目を取り扱う古物商に対して行われますので、取り扱う予定のないものを登録しておくと本来必要のない品触れにまで対応しなければならなくなります。

以下には、古物の13品目と主な品物を記載しておきます。

古物の分類13品目

美術品類
絵画、骨董品、彫刻、掛け軸、工芸品、アンティーク など
衣類
婦人服、紳士服、子供服、着物、ジーンズ その他衣料品 など
時計・宝飾類
腕時計、宝石、アクセサリー など
自動車
自動車
自動二輪・原付
自動二輪車、原動機付き自転車など
自転車類
自転車など
写真機類
カメラ、レンズ、顕微鏡、天体望遠鏡、双眼鏡 など
事務機器類
パソコン、PC周辺機器、コピー機、FAX、電話機、電卓、レジスター など
機械工具類
工具、電気機械、工作機械、土木機械、化学機械 など
道具類
家具、什器、スポーツ用品、楽器、PCソフト、ゲームソフト、レコード、CD、ビデオテープ など
皮革・ゴム製品類
カバン、靴 など
書籍
マンガ、雑誌、コミック、文庫本、写真集、地図 など
金券類
商品券、航空券、乗車券、ハイウェイカード、各種チケット など

このページの先頭へ