専任技術者の確認書類

専任技術者になるための要件として、定められた資格を保有しているか、許可を受ける業種で10年以上の実務経験が必要となります。

資格を保有している場合は、その免状の原本、実務経験の場合は下記のような経験を証明する書類が必要となります。

経験は複数箇所の合算でも問題有りません。例えば、A社で実務経験7年+個人事業主を3年、合計10年とすることも出来ます。

専任技術者の必要経験年数(10年)

・自営のためご自身で自己証明する場合

 →工事契約書、注文書、請書、請求書など

・勤務していた会社に証明してもらう場合

 →建設業許可保有会社の場合:許可申請書控、決算変更届など

 →建設業許可がない会社の場合:工事契約書、注文書、請書、請求書など

その他経験を確認できる書類

専任技術者の常勤性(10年)

・被保険者記録照会回答票(社会保険事務所で発行)
・健康保険被保険者証(事業所名と資格取得年月日が記載のもの)
・所得税確定申告書(個人の場合)
・その他証明となる公的機関発行の書類

その他常勤性を確認できる書類

※証明者の印鑑証明書も必要


このページの先頭へ