経営管理責任者

経営管理責任者とは、適正な経営を確保することを目的とし、経営業務を総合的に管理する者を指します。

経営管理責任者と専任技術者は同一人物でも問題有りません。

経営管理責任者の要件

◆許可を受けようとする建設業許可の業種において

 ・登記された法人役員を5年以上やっていた。
 ・5年以上個人事業を営んでいた。

 

◆許可を受けようとする建設業許可の業種”以外”において

 ・登記された法人役員を7年以上やっていた。
 ・7年以上個人事業を営んでいた。

上記の4パターンのうちのどれかに該当する必要があります。また、それぞれの年数は、法人役員3年+個人事業主5年の計8年といったように加算することも出来ます。

厳密にはこれらの他にも、役員に次ぐ部長などや個人事業の共同経営者などの経験も考慮されますが、ここでは割愛いたします。


このページの先頭へ