経営管理責任者の確認書類

経営管理責任者になるための要件として、建設業を営む会社の役員や自営の事業主(※又はこれに準ずる地位)であった経験が必要となります。

◆許可を受ける業種での経験・・・5年以上
◆許可を受ける業種以外での経験・・・7年以上

経験は複数箇所の合算でも問題有りません。例えば、法人役員を5年+個人事業主を2年、合計7年とすることも出来ます。

※「準ずる地位」とは支店や営業所の代表者(支店長、営業所長等)、支配人登記された支配人が該当します。

※下記の確認書類は、兵庫・大阪での一例になります。

経営管理責任者の必要経験年数(5年分又は7年分)

・商業登記簿謄本・閉鎖抄本(法人役員)
・受付印のある所得税確定申告書(個人事業主)
・請求書、注文書、工事契約書、領収書等(工事内容が分かるもの)
・受付印のある法人税確定申告書(役員報酬明細を含む)
・建設業許可事業者で経験がある場合は、許可通知書、許可申請書控、決算変更届

その他経験を確認できる書類

経営管理責任者の常勤性(5年分又は7年分)

・健康保険証+健康保険被保険者標準報酬決定通知書(法人の場合)
・法人税確定申告書、役員報酬明細
・住民税特別徴収税額通知書
・被保険者記録照会回答票(社会保険事務所で発行)
・所得税確定申告書(個人の場合)
・国民健康保険者証(個人の場合)

その他常勤性を確認できる書類


このページの先頭へ