株式会社の設立で必要となるもの

ここでは株式会社の設立で必要となるものをご案内致します。ご準備前にご依頼いただいてももちろん結構です。

1.印鑑証明書 (発起人・取締役 各1通)

印鑑証明が必要となる方は、発起人と取締役です。発起人とは会社を作る人の事で、設立時に資本金を出す人です。

発起人と取締役の両方になる人は、2通必要となります。これは発起人の印鑑証明は公証役場に提出し、取締役の印鑑証明は法務局に提出と提出する場所が違うため別個に必要となります。

2.実印 (発起人、取締役 各個人のもの)

必要書類に押印して頂くため、発起人と取締役になる人の実印をご用意ください。

3.会社の実印 (代表者印)

会社の実印として登録する印鑑です。会社を登記する段階で法務局に会社の実印として登録しますので、事前に作成してください。

会社印(代表者印)は当方でも取り扱っております。 → 格安印鑑販売

4.発起人名義の通帳

発起人となる方の通帳が必要となります。新しく口座を作る必要はなく、既存のもので結構です。

この口座に資本金を振り込み、会社の設立登記時に必要な払込証明書を作成します。

ご準備いただく物のまとめ

  • 印鑑証明書 (発起人・取締役 各1通)
  • 実印 (発起人、取締役 各個人のもの)
  • 会社印 (代表者印)
  • 発起人名義の通帳

以上は株式会社を設立するに当たって、登記までにご用意いただく物のご案内です。お申し込み前にご用意頂くと言った意味ではありませんので、ご準備前にご依頼、お問い合わせ、歓迎しております。


ご依頼、ご相談はこちらから


株式会社設立代行プランのご案内

設立完全代行プラン 書類の作成、定款認証、登記手続きまですべて代行します。
サービス内容等詳細はこちら
定款認証代行プラン 書類の作成、定款認証を代行。登記手続きはお客様で。
サービス内容等詳細はこちら
電子定款作成プラン 電子定款を作成し、公証役場へ送達します。全国対応可能。
サービス内容等詳細はこちら

ご依頼、ご相談はこちらから


このページの先頭へ